場面に応じて柔軟に|新宿の芸能事務所 クロスライズ株式会社

クロスライズ
i Link メールのでのお問い合わせ
MAIL

2024.04.02

場面に応じて柔軟に

俳優は監督・演出家によってやらなければいけないことが変わってきます。
動き回る演出を求められることもあれば、そういうパフォーマンス的なことは一切するなという監督もいます。
どれにも対応できるようにするためには柔軟性が必要です。

もちろん、求められていることが自分の意見と異なる場合もあると思います。
しかし、そこはリーダーである監督の方向性に向かおうと柔軟に対応する必要があります。

柔軟性を身につけるために、心身ともに緊張とリラックスのバランスが重要です。
自分のメンタルケアもですが、ストレッチも一つの手でしょう。
精神的に緊張してしまうと、身体が硬くなってしまい、大体うまくいきません。

緊張した際に自分はどこが硬くなるのか、日々のストレッチでどこが凝っているのかを把握して、まずは身体を緩めていきましょう。