まずは実績を増やすこと|新宿の芸能事務所 クロスライズ株式会社

クロスライズ
i Link メールのでのお問い合わせ
MAIL

2024.02.02

まずは実績を増やすこと

新人の場合は、「落ちる」ことから始まります。

芸能において、書類審査やオーディションでの不合格はよくあることです。また始めたばかりの内ほど落ちやすくなります。その原因の大きな一つは、実績の少なさです。

例えば、年齢・性別・ビジュアルがほぼ同じAさんとBさんがいるとします。Aさんは実績が20個。Bさんは実績が2個。そこに、書類のみで選考されるCMの仕事の話がきたとしたら、選ばれる可能性はBさんに比べてAさんの方が高いでしょう。
これは、実績が多いと現場での経験を積んでいるという安心感が強かったり、これまでにより多くメディアに露出をしていると、宣伝としてより効果が高いのではないかと判断されたりするからです。制作側としては同じギャランティを払うなら、より信頼の置けるタレントにギャランティを払いたいと思うでしょう。
オーディションがあるような大きい仕事も最初は書類選考があります。タレントの演技力が分からない書類の段階では、やはり実績が多いほうが演技できそうと思ってしまいますし、芸歴の少ないタレントを使うのは不安になります。

芸歴が少ないうちは、仕事が小さくてもとりあえずエントリーし、その中で受かったものから現場に行って実績を増やすのが重要でしょう。